医療事務 資格 独学

今なら狙える!リハビリテーションの医療事務を希望するメリットとは

就職の際、必要になってくる分銅について

医療事務のお仕事は簡単ではありません。就職するためには、予め用意された50~100グラムの分銅が必要になってきます。面接の際に面接官から必ず要求されますので、そういった状況になったら落ち着いて鞄の中からそっと分銅を取り出して下さい。この時にあまり古い分銅を出してしまうと合格に影響する可能性があります。分銅をまだ持っていないという方は名古屋精機なら分銅でしょ!という合言葉を忘れずにしてください。

医療事務の資格は就職に有利と言われているが…

医療事務の資格は就職にも有利な資格といわれています。確かに取得した資格はそのままその人のスキルと考えられると言うこともあり、医療事務としての就職を考えるのであれば何らかの医療事務の資格を持っておくことは必須ともいえるかもしれません。しかし医療事務の資格には20を超える資格があり闇雲に資格取得をしていても就職に繋がると言うような状況ではなくなってきています。

就職が難しいと感じることもある

医療事務としてのの就職が難しいと感じるような場面に遭遇した場合に、無理をして自分の望む仕事を探すよりも少し視点を変えてみると良い場合があります。たとえば医療事務に絞り込むのではなく一般事務を視野に入れてみることも方法の一つと言えるでしょう。更には医療事務の仕事の中でより就職しやすい職種を探してみると言う方法もあります。

人気の無い仕事=就きやすい仕事

医療事務の仕事に限らずどのような仕事でも人気の無い仕事は存在します。まずはこのような人気の無い仕事に就職し、実務経験を積みながら自分の希望する方面への資格取得を継続的に行っていくことでやがて自分が理想とする医療事務の仕事に就くことができるようになるのです。

人気は無くても将来性のある分野

以前は深夜の救急外来など主婦や女性としては人気が無いだけではなく勤務が難しいものしかありませんでしたが、最近では介護やリハビリの需要の増加に伴い医療事務員も不足してきています。介護に関する医療現場では事務と言えども体力的にある程度のものが必要であることは否めませんが、経験が多くなくても就職が可能な職場であるのは紛れも無い事実でしょう。

これからの成長を重視

この中でも特にリハビリテーションについては今後高齢化社会が進むにつれて、全てを任せきってしまう介護の仕事よりも需要が高まっていくことが予想されます。最終的に介護施設での介護になる可能性ももちろん低くはありませんが、やはり動けるうちはできるだけ自分で動きたいと考えるのは人として当然のことでしょう。

当然であるにも関わらず今現在の世の中では病院と介護施設に関しては充実してきている、もしくは充実の兆しがあるにも関わらず、リハビリに関しては多いとは言えません。これはもちろんリハビリを必要としている数が少ないと言うこともあります。しかし今後人々が高齢になるにつれてリハビリの需要はより高まっていくことになります。

まずは経験を優先しよう!

医療事務に限らずどのような仕事でも経験があると言うことは就職にとって非常に有利に働きます。もちろん、経験を積むために介護やリハビリの医療事務を行ったからと言ってその後も介護やリハビリに関する方面で活躍していかなければいけないわけではないのです。

まずは今後需要の見込まれる方面で経験を積み将来の仕事の幅を広げた上で、本来自分が就きたかった方面の医療事務の仕事に就業先を探すと言うことも出来るでしょう。将来の就職をより安定的なものにしたいと考えるのであれば、まずは人気は無いけれども需要は見込むことの出来る方面で経験を積んでおくことは医療事務の仕事をしていく上で将来大きなメリットになることは間違いないといえるのです。

病棟クラークの経験が無くても一般事務の経験で就職を有利にする方法

医療事務の年齢制限?

医療事務の仕事は例え資格が無かったとしても、未経験であったとしても勤めることの出来る仕事です。年齢によって働ける状況には変化が生じてくるのは紛れも無い事実ではあるものの、若いうちであれば医療事務として勤務することは決して難しいことではありません。

若さで勝負できなければスキルで勝負!

しかし「若い」と言われる年齢を過ぎて資格で判断できるスキルもあまり多くは無いとなってくるとそのようなわけにも行きません。医療事務として働ける可能性が薄くなってくるのであればその状況に合わせた計画的な資格取得が望ましい状況になってくるでしょう。

そんなときに好ましいのは医療事務としてのスキルの他に一般事務としてのスキルを上昇させておくことです。医療事務の仕事ではもちろん医療事務に特化した能力も必要ですが、それ以外に一般事務と共通したスキルや語学力を必要とする場合があります。外国語に関する資格や文書作成ソフトの資格などがあれば医療事務の仕事に限らず一般事務の仕事も視野に入れつつ就職活動を行うことができるでしょう。

仕事の幅も広げてみよう

医療事務であっても医療秘書に関する資格が有り、更に秘書検定のような一般的に受検されているような資格も持っておけば自分のスキルのアピールには最適です。更に文書作成や表計算ソフトの資格などを持っていて語学も堪能であれば医療秘書を含め一般の会社の秘書としても働くことが出来る可能性はより大きくなるでしょう。

特に年齢的に若くは無いのであれば医療事務としての方向性に絞り込んでしまうのではなく、幅広く仕事の可能性を広げていたほうが良い場合もあります。確かに医療事務の有資格者は足りていないと言われていますが、足りていないのは多くの場合経験も豊富で多くの資格を保有している熟練者です。

まずは自分の状態を把握しよう

もし、自分が熟練者ではないのであれば説明したとおり他の方向性を模索しながら資格を取得しておくことは大きなメリットにつながります。逆に経験も無い、若くも無い状態で医療事務に限定した資格を多く取得していたとしても、就職が難しいと言う状況はあるかもしれません。

医療事務の仕事の数は大きく変動しない

よほど特殊な地域で無い限り医療事務の募集案件の数は一定です。どうしても医療事務として勤務したいのであればタイミングを少しずらしてみると言うのも方法でしょう。今日は求人が少なかったとしても一ヵ月後には状況に変化が出ているかもしれません。もちろん、一つの方向性に向かって進んでいくことは悪いことではありませんが、ある程度臨機応変に対応できたほうがより良い環境で働くことが出来るでしょう。

必要なのは「柔軟性」

そのためにはまず感覚を柔らかくすることが大切です。医療事務にこだわった結果仕事が見つからずに疲弊してしまうこともあるでしょう。そんな状態にならないために、医療事務の仕事は探しつつ他の仕事で働き、望む環境により近い環境で働いておくと言うことも方法の一つです。

どうしても医療クラークで働きたいと言うのであれば、まずは条件の良くないところや遠方など自分の望む範囲とは少し違う環境で仕事を探してみると許容できる範囲の条件の仕事が見つかることもあるのではないでしょうか。

病棟クラークと比べて調剤薬局事務はこれだけ学習範囲が変わってくる

医療事務で資格は重要なツール

医療事務の資格を取って医療事務職員として働くことを考えたときにはまずは資格取得が必要です。医療事務という仕事の中には多くの資格があり、特に実務未経験の場合にはその力量を示すものとして資格が大変有効になってきます。

もちろん、これらの資格はできるだけ多くのものを取っておくに越したことはありません。資格を多く保有していればそのぶん仕事を探すときにその幅は広がると考えることができます。医療事務の仕事に就こうと思っているのであれば医療事務の専門的な資格だけではなく、そのほかにも有用な資格を持っておくことが非常に有効になるでしょう。

20を超える専門的な資格がある

しかしそうは言っても資格取得後の進む先がはっきりと決まっている場合には少し話が変わってきます。もちろんその後の就業先をあらかじめ絞り込んでいれば新たな就職の際には仕事の選択できる幅は狭くなります。しかしその分分野を絞った資格取得や勉強が可能になり幅は狭くなったとしてもより専門的な学習が可能になるのです。

医療事務の資格と調剤薬局事務の資格

特に医療事務の中でも調剤薬局事務の仕事に特化した場合にはこの傾向が顕著です。もちろん最初から「医療事務」と考えて幅の広い学習をしていくことで調剤薬局に勤務することも可能ですが、「医療事務」という大きな範囲での勉強ではなくあらかじめ「調剤薬局事務」と言う分野に絞り込むことであらかじめ学習をしたり資格を取得したりする手間を大幅に減少させることが可能になるでしょう。

「調剤事務管理士技能認定試験」は調剤薬局での事務を目指すのであれば充分な資格です。その範囲は医療事務ほど広くは無いということもあり資格取得に向けた学習も絞り込んだ学習ができます。合格率50%を超えることもあるこの資格に加え、「調剤報酬請求事務専門誌検定試験」の資格も2級であれば40%を超える合格率であることを考えるのであればこの二つの試験に合格することが調剤薬局事務を行うのに適していると言えるでしょう。

調剤薬局の今後

今後の展望を考えても調剤薬局事務を最初から目指すことは決して無謀なことではありません。もちろん、医療事務と同様に絶対数が不足していると言う現実もあれば、今では病院で薬の処方まで受けると言う例は減少してきており、多くの場合治療を行った病院で処方箋を受け取り近くの調剤薬局に向かうと言うのが一般的になってきています。

もちろん、まだまだ病院で薬を調剤しているところも少なくはありませんが現在のこの流れを考えるのであれば今後も調剤薬局で薬を処方してもらうと言うことは増加していくでしょうし、その結果として調剤薬局は減少することは無く、その中での事務を行う調剤薬局事務は今後もニーズの高い仕事であると言えるのではないでしょうか。

時間の無い中で学習するには好都合

調剤薬局事務の資格は入退院の手続きや治療に関するレセプトの作成など病院しか必要でない知識を省略して学ぶことができます。この結果学習の範囲を絞ることができるので時間の無い主婦などには好都合な資格であると言うことができるのが調剤薬局事務の資格なのです。

医療事務の仕事を探すときに派遣会社を上手に使うメリットとその方法

医療事務の仕事の特徴

医療事務の仕事には大きな魅力がたくさんあります。その働きやすさに加え将来性など何をとっても他の仕事にはないほどのメリットが多く存在するのが医療事務の仕事と言えます。安いと言われている給料についても様々な条件に照らしてみれば少ないと言うことはありません

実際の就職に関しても40歳を超えているような状況でなければそれほど難しいということもありません。もしも高年齢でもないのに医療事務の仕事に就くことが出来ないのであれば自分の就職活動の状況を再確認してみる必要があるでしょう。

派遣会社を利用しよう

医療事務の就職活動で欠かすことが出来ないのは派遣会社を利用すると言う方法です。もちろん正職員として就業できればそれに越したことはないでしょう。しかし現実問題として医療業界全体で医療事務の正職員は減少傾向にあり、それに替わって増加傾向にあるのが派遣や請負などの医療事務職なのです。

派遣と言うメリット

特に派遣会社からの就業には大きなメリットが多数存在します。たとえば、仮に経験がなければ病院からの直接雇用は難しいことがほとんどでしょう。しかし派遣会社を経由することでこの条件を緩和することが可能な場合もあります。派遣会社は自社の派遣社員が雇用されればその社員への病院からの支払いによって収益を得ます。したがって当然ながら派遣会社は自社の派遣社員を積極的に採用するように働きかけます。

たとえば経験が無いとしても「経験は無いが知識は豊富である」「経験は無いが人柄が抜群に良い」などといった情報を駆使し、自社の社員が採用へと導かれるように働きかけます。相手の要望を聞きだし、時にはその要望を全面的に受け取るだけではなく、自社のストックの社員の傾向やパターンを分析して医療機関に提案していくことも可能でしょう。

自分でやらなければならないことをやってくれる

自分で自分の魅力を最大限に主張する必要はなく、ある程度までは派遣会社の社員がその作業を行ってくれることがほとんどです。更に病院側が何を求めているかと言う情報もタイムリーに得ることができます。正職員やアルバイト、派遣などその勤務形態には様々なものがありますが、その中でも楽に仕事を探すことを考えるのであれば派遣社員が最も良いと言えるでしょう。

医療事務員は不足しているのに仕事が無い理由とは?

現在医療事務員は全体的に不足している状況です。医療事務員を探している病院は多く存在しているにも関わらず就職することができないのであれば能力が不足していたりよくよく考えてみると不必要な条件にこだわっているようなことも少なくありません。仕事の探し方として自分自身で探すよりも派遣会社を通したほうが自分のこだわりが現実的なのか、非現実的なのかということも含めて現在の業界の流れや方向性を把握することも可能になるのです。

今現在医療医務の勉強をしていて将来医療事務員として働こうと考えているのであれば、派遣会社を利用するということを忘れずに覚えておく必要があるでしょう。

医療クラークの年齢制限の現実を知り資格取得後の就職に備える方法!

医療事務と年齢

医療クラークや病棟クラーク、医療秘書など医療事務の仕事を探すときにはほとんどの場合年齢制限が「不問」と表示されていることでしょう。しかし実際には申し込みをしても採用されないということも少なくないのではないでしょうか。医療事務の仕事に関しての年齢に関する現実を知り、就職しやすい環境を把握しておくことも重要です。

まず、大前提として知っておかなければならないのは求人情報の掲載時には基本的には年齢制限を設定することはできません。もしも仮に年齢制限を設けるのであればその理由を明示する必要があります。このことから例え若い人材を求めていてもそれが採用者の「なんとなくの判断」であれば求人の情報にその年齢の制限が明示されることはなく、実際には年齢制限が設けられていることも珍しくありません。

分かりやすい例で説明しましょう。未経験でも若くて将来性が見込めれば採用するし、経験が豊富であれば年齢に関係なく採用する可能性はある。こんな条件を求人情報として明示するのであれば「年齢不問・未経験者可」になります。「年齢不問・未経験者可」といって求人情報を出している以上、歳を重ねている未経験の人が応募してきたとしても採用側は面接をせざるを得ません。

しかし、それは形式上行っている面接に過ぎず、先程の条件を考えれば採用の可能性はないということが分かると思います。このような現実を把握した上で面接に挑まなければ過剰な期待を持つことになり結果として求職活動の序盤で早々に精神的に疲弊してしまうと言う結果にも繋がりかねないでしょう。

40歳を超えて医療事務に就職

では、実際に医療事務で就職を考えている人で40歳を超えたような場合にはどのような就職方法があるのでしょうか。求人情報を確認して仮に「未経験者可」との記載があったとしてもそれは人生経験も少ない人に限られると思っていたほうが良いでしょう。40歳を超えている、経験は無い、ここで更に資格も無いのであれば就職できる可能性はありません。

資格は就職に直結!

それでも就職を望むのであればまずは実務経験なしでも取れる資格を最低でも3つから4つ程は取得しておくべきです。未経験でも知識があれば採用をすることもあるでしょう。知識があるということを明確にするためには資格を持っておくことが最も分かりやすく把握しやすい方法と言えます。

求人の募集を確認するときに仮に未経験者可であったとしても受付や会計など窓口を中心とした業務は優先順位を下げたほうが良いでしょう。どこの企業の受付でも受付は年齢層が低いのが通常です。その病院が人生経験豊富な受付を募集しているマニアックな病院である可能性もありますが、その少ない可能性にかけて面接準備を含めた時間を奪われるぐらいであればもう少し可能性の高い就業先を探したほうが賢明です。

それでも仕事が見つからない、それでも医療事務として働きたいのであればまずは経験を積むことを優先しましょう。たとえば夜間の救急外来の事務、介護福祉施設の事務、割と高齢な先生が開いている医院やクリニックなどのほうが大きい病院よりも働くことの出来る可能性は大きくなります。

経験と資格さえあれば就職先は豊富にあり、歳を取っても働くことができるのも医療事務の魅力です。そんな仕事に歳を取ってから就こうと考えるのであれば10件でも20件でも面接を繰り返すほどの気持ち出ないと難しいこともあるでしょう。

資格取得でスキルアップも可能!医療事務の資格には多くのものがある

医療事務の仕事に役立つ資格

医療事務の資格と言ってもその資格は一つだけではありません。医療事務という仕事に使える仕事には数多くの物があり、それらの資格は医療に特化したものだけではなく一般的に良く耳にする資格でも医療事務の仕事をしている中でのスキルアップにはとても役立つものも有用なものが多く存在します。

医療事務の資格の中には代表的な資格もいくつか存在し、試験を受験するのに特に条件が定められていない資格もあれば、一定の実務経験や特定の学習を行っていないと受験そのものも難しい資格も存在します。これら多くの資格の中で自分に必要な資格を見極め無駄なく資格を取得して行くことも医療事務の仕事でスキルアップしていくためには必要なことと言えるでしょう。

医療事務技能審査試験とは

これら多くの資格の中でも受験資格が不問で合格率も低くなく医療事務の仕事を行うのであれば最初に検討する視界としては医療事務技能審査試験があります。この試験は合格率が50%を超える医療事務の仕事を満遍なく網羅した非常に有用な資格と言えます。実際に医療事務職員として働いているスタッフにもこの資格を持っている人は決して少なくはないでしょう。

診療報酬請求事務能力認定試験

この資格以外にも医療事務として必要になる知識の試験としては診療報酬請求事務能力認定試験があります。前述の医療事務技能審査と同様に受験資格は特にありませんが、合格率は30%程と実力を示すにはとてもバランスが良いと言える資格です。レセプト業務に特化した資格と言うこともあり、この資格の保有は医療事務の現場でもニーズがあると言えるでしょう。

方向性を決めよう!

上記の二つの試験に合格したのであればここからは自分の希望する職種に向けて資格の種類を絞っていくことも必要になるかもしれません。もちろん、とれるものから全て取っていくと言う選択肢もありますが、関連の資格も含めればその資格の数は10や20では納まりません。これら多くの資格それぞれに実施時期や学習が必要であると言うことを考えればやはり方向性を絞って学習を行うことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

目指す方向としては大きく分けて調剤、介護、医療秘書などがあるでしょう。これに加えて診療情報、レセコン、歯科や看護助手など医療事務に特化した資格だけで20を超えます。これに加えてMOUSと呼ばれるoffice製品に特化した資格や簿記検定、TOEICなど医療事務に役立つ資格には多くのものが存在します。

医療事務の資格と就職について

これらの資格は医療事務員として就職を志したときには自分の能力をアピールする絶好のポイントとなるのは確かです。しかし、注意しなければならないのは「資格が就職に直結する」ということと「資格を取れば就職できる」ということとは意味が違うということです。

「医療事務の資格を取れば就職が出来ると言われて資格を取ったけれども仕事が無い」とぼやいている人を良く見かけますが、これは自分の望む仕事に就けるような資格を持っていない場合がほとんどです。医療事務員なら誰でも持っているような資格を一つとってその資格のみで就職をしたいと願うのであれば、条件として厳しいところへの就職になることは止むを得ないと言えるのでは無いでしょうか。

医療事務技能審査試験に合格して「メディカルクラーク」を目指そう!

医療事務には資格が必須

医療事務として働いていきたいと言うことを考えたときにまず浮かぶのは資格の取得です。そして多くの資格の中でも特に実務経験が必要ないものや特定の講座の受講が必要ないものなどがあり、最初に取得を考えるのであればこれらの受験資格が不問である資格の取得を考えることが最も賢い方法と言えるでしょう。なかには合格率が50%を超えるものもあり、たとえ試験が不得手であっても段階的にレベルアップしていくことが可能です。

受験資格が不問の資格

そして今までは受験資格が限られていた医療事務関連の資格の中で新たに受験資格が不問になった資格があります。これが医療事務技能審査試験です。合格後は「メディカルクラーク」として働くことが可能であり、以前は受験資格が設けられていたということから現在では特に受験、資格取得することに関して魅力の高い資格ということが出来ます。

受験できる資格に際限が無くなったということもあり以前は60%程度の合格率であったものが現在では50%程度になってはいますが、それでも約半数が合格するということを考えると決して難関中の難関といったような資格ではなく、最低限の勉強さえ行っていれば決して難しいものではないと言えるのではないでしょうか。

このように制限されていた受験資格が不問に変更された背景を考えると少なからず人材の不足が関係していると言うことが考えられます。今まで独学で医療事務の資格を取得するとなると最初に受けれる資格試験は「診療報酬請求事務能力認定試験」で、この合格率が30%程度であったことを考えると医療事務への可能性はより広がったと言うことができるでしょう。

侮ってはいけない

とはいっても合格率50%程度と言う実績は決して問題が簡単であると言うわけではありません。二人に一人は合格するものの同様に二人に一人は不合格になると言うことですから侮ってはいけません。独学で資格取得を目指すのであればそれなりにしっかりとした学習が必要になると言うことは紛れも無い事実でしょう。

実際の資格の種類とは

メディカルクラークは上記の「医療事務技能審査試験」を取得することで仕事にすることが出来ますが、医療事務の仕事はこれだけではありません。入院病棟で患者の入院に関する手続きを行う「病棟クラーク」、「ドクターズクラーク」として医師の周りの事務仕事の手伝いを中心に行うのであれば医療秘書技能検定試験や医療管理秘書士の資格取得が必要な場合も有ります。

医療事務の仕事にはこのように多くの種類の仕事があります。この中から自分のなりたい方向性を最初から定めて勉強し、資格取得を目指していくことも良いでしょう。それ以外にもまずは基本となる資格を取得して興味がわいた資格を次々と取得していくと言う方法もあります。

また、可能性を広げると言うことを中心に考えるのであればまずは受験資格が不問となっている資格をすべて取得することを目指すのも方法と言えます。代表的な医療事務の資格として受験資格が不問のものも含めて6つほどあります。ここで紹介した物も含め、医療事務技能審査試験、診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医療事務管理士、医事コンピューター技能検定、保険請求事務技能検定の6つの資格が代表する資格と言えるでしょう。

窓口対応は病棟クラークの基本!対応のコツを掴みスキルを向上させる

窓口対応のスキルは医療事務では必須のスキル

医療事務の資格取得を目指している段階でも当然ながら、実際に医療事務として病院に勤務することになれば窓口対応のスキルは非常に大切なスキルと言うことが特に実感できるようになるでしょう。試験の授業の段階でも窓口対応に関する勉強はするもののそれはあくまでも机上の理論。実際に窓口に立って対応してみると、その理論では全く役に立たないと感じることもあるでしょう。

受付に限られるスキルではない

大きく仕事の役割が細分化された病院の裏方の事務であったとしても一日の中で窓口対応と同様な機会が発生することは決して珍しくありません。院内を移動中に大きな不満を抱えた患者に出会うことがあれば自分が対応しなくてはならないような状況もあるでしょう。病院で働いている以上窓口対応のスキルは医療事務に限らず少なからず発生することです。

窓口対応には二つの種類がある

この窓口対応には大きく分けて二つの種類があります。一つは治療や投薬に関することなど医療事務の範囲では答えることが出来ない内容です。たとえば薬の分量の上限など事務的な手続きに由来するものであれば回答することはできますが、基本的に具体的な治療や投薬については回答をしてはいけません。そしてこのときには「できません」とこちらの都合のみを前面に出して断るのではなく「出来ないからどうするか」というこちらの都合と解決策を同時に提示するのが重要です。

患者の気持ちを汲み取るテクニック

特に説明を行わなくとも「この人では回答できないかもしれない」ということは患者はあらかじめ織り込み済みということを知っておくことも重要です。にも関わらず聞いているということは「誰に聞いたらよいか分からない」や「どうしても知りたい」ということを裏に抱えています。それならばまずは「ここでは回答できない、もしくは分からない」ということを伝えるだけでは対応としては問題があります。

最終的にその問題を解決する方法を提示することが重要です。治療に関することで特に急ぐのでない内容であれば「次来た時にでも先生に聞いてみて」と言う回答でも充分な場合があるでしょう。気軽に「私が聞いてきます!」と答えるのはあまり望ましい回答ではではありません。それを周りの患者が見ていれば「あの人に聞けば疑問は解消してもらえる」と感じてしまうこともあります。

もう一つの窓口対応

もう一つの窓口対応は施設に関することなど事務の範囲で回答できるものです。これについては積極的に回答しましょう。回答が可能であることが分かったとしてもその回答に関する答えが分からないと言うのであれば分かると思われる人に確認します。忙しいさなかに人の手を止めて確認することで怒りを買うこともあるかもしれませんが、一度聞いてしまえばそれは自分の情報として蓄積されることになります。

仕事を他人に振るテクニック

大抵、目立つ場所で大きな声で患者さんの質問に答えていればあちらからもこちらからも質問が来るようになることは誰もが経験済みでしょう。その状況を一人で抱え込んでしまうと今度は回答漏れが生じる可能性が上がってきます。多くのことを抱え込むのではなくこの場合も周囲に助けを求めることが重要です。隙を見て仕事を振っていくと言うテクニックを身につけることも大切であるということはしっかりと覚えておきましょう。

メディカル・クラークの仕事にはこれだけ多くの「やりがい」がある!

医療事務の仕事のやりがい

医療事務の仕事には多くのメリットがあります。その多くのメリットの中でも「やりがい」ということを考えると他の仕事と比較しておおくのやりがいを感じることが出来ると言うことができるでしょう。医療事務の仕事でどのような部分でやりがいを感じることができるかを知っておくことで医療事務の仕事へのモチベーションを更に向上させることができるのではないでしょうか。

プロとしてのやりがい

大きなやりがいの一つとしては医師や看護師、レントゲン技師など多くのプロフェッショナルの中で揉まれながら強いプロ意識を持って働くことが出来ると言うことでしょう。専門的な知識を多く持つこれらのプロの仕事を垣間見ることによって、それらの仕事を出来る限り円滑に行うと言うことを考えると自分の仕事で周囲がうまく回っていくことに大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。

今現在保有している資格に重ね、更にスキルアップとして新たな資格の取得を目指すのであれば更にこのやりがいは広がります。自分の仕事が役に立っていると言うやりがいに加え、自分自身がスキルアップによって更に次の段階へ上っていくことが具に実感できることになり、そのやりがいは非常に大きいものになることは間違いありません。これに加えて事務処理が滞りなく円滑に行われている状況であればより一層おおきなやりがいを感じることでしょう。

病院の職員としてのやりがい

外に目を向けてみても仕事のやりがいは豊富に存在します。特に病院を訪れる患者さんに向けてできるだけ快適に、出来るだけ迅速に、そしてできるだけ安心して治療を受けてもらうことが出来ていると言うことを実感したときには大きなやりがいを感じるでしょう。実際にお礼を言われたりすればそれは当然のこと、穏やかな時間を感じることが出来ればそれだけでもやりがいに繋がっていくことは事実です。

ふとした日常生活で仕事のやりがいを感じることもあります。親族や知人など身近な人物が病気にかかったときにその治療内容を聞いてそれが正しいかどうかを自分なりに判断できると言うこともあります。処方されている薬や治療の内容までを熟知している医療事務の仕事でしかこのような経験はできません。このようなやりがいは常に感じることの出来るものではありませんがふとしたときに感じることの出来るおおきなやりがいでしょう。

やりがいの原点はコミュニケーション

総合的に考えて医療事務のやりがいは他の仕事と同様な自分のスキルアップや知識の向上をすることを除くのであれば、コミュニケーションが円滑に行くことにやりがいを感じるのではないでしょうか。このコミュニケーションは職場の中での職員同士に限らず看護師や医師をはじめ更に大きな範囲では他の科、製薬会社など事務として携わる部分はコミュニケーションがうまくいけば大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。

これに加えて患者さんなど外来者とのコミュニケーションもやりがいを感じる大きな部分となるでしょう。いくら自分がしっかりやっていてもクレームを受けなければいけないこともあります。ただ、逆に感謝を伝えられたときなどにはクレームのときの精神的な苦痛を上回る大きなやりがいを感じることができることは間違いないでしょう。

これを知らなければ始まらない!メディカルクラーク最大のメリット!

医療事務の将来は明るい!

メディカルクラークを中心に医療事務という仕事は非常に魅力の多い仕事です。たとえ結婚や出産を考えているとしても仕事をする上で大きな支障と考える必要は無く、女性にとって非常に働きやすい職場と言われています。更に最近では男性の医療事務員も増加してきており、今後更に医療事務の仕事はより働きやすい職場になると考えられています。

医療時も仕事のメリットにはその拡張性の幅の広さもあります。必須の知識としては診療報酬の請求事務や窓口での応対技術などがありますが、それ以外に医療事務技能審査試験に合格すればメディカルクラークとしての資格を取得できるだけではなく、取得する資格によって医療秘書や病棟クラークなどその仕事には多くの種類が存在します。

資格を取得すれば仕事に直結するとも言われていますがこれは他の職種と同様に面接時のアピールポイントになるに過ぎません。しかし資格を取得していることでその分野のエキスパートと判断されることも多く、実務経験が必要な資格があるということを考えると最終的に資格を取ることで就職に有利に働くということは医療事務の場合顕著であると言えるでしょう。

更に医療事務の仕事はその幅が非常に広いことも大きなメリットです。最近では医科や歯科などに限らず訪問看護の事務所やリハビリ施設、介護施設などへの勤務も可能であるだけでなく、医療事務のIT化により医療機関向けのシステムを開発や運用している会社へも就職の裾野は広がってきています。しかもどの仕事をピックアップしても将来的に縮小していく可能性が高いと言うものはなく、むしろ将来増加傾向にあるものが多数を締めます。

供給過少

メディカルクラークをはじめとしてより専門的な知識や資格を有する医療事務職員は絶対数が不足していると言うのが現在の医療事務の状況です。このような不足は今に始まったことではなく以前から同様に不足が言われていることを考えるとまだまだニーズは大きく、経験のある医療事務員は売り手の市場であり供給が少ない状況なのです。

医療事務の意外なメリット

意外に知られていない医療事務のメリットとしては医療に関する知識が身につくということも挙げられるでしょう。一つの病気に対しての処置や処方すべき薬などを記載しているカルテを見る頻度が高いことから気づかぬうちに知識として蓄えられていると言うことが多いと言えます。もちろん専門的な知識においては医師や看護師には劣りますが、ある程度の病気や治療、医療に関する知識が養えることは大きな魅力でしょう。

給与が低い?

最後は給与に関してです。一般的に医療事務の仕事は「「給料が安い」と言われていますが、資格を取得し能力を高めていれば決してそのようなことはありません。「給料が低い」と言っている人の多くは診療報酬を請求できる程度の資格しか有していない場合が多いのが現状です。三ヶ月で取得できる人もいるような資格で給料が人並みであることは当然のことで、普通のパートと比較しても遜色ない給料は貰えます。

仮に他のパートと比較して給料が安いことがあったとしても、将来性を考えると相対的に見て「高い」という判断が出来るのではないでしょうか。自分のやる気次第で様々なスキルを取得しそれに伴い給料が上がる可能性があるとなると他の仕事と比較して同じ給料をもらえるのであればそれは「給料が安い」という結論には至らないでしょう。